未分類

Yモバイルに変えて通信費を大幅節約できたよ。速度も十分で超快適!

私も妻も高校生の頃から長年ソフトバンクを利用していましたが、先日Yモバイルに変更しました。(10年以上お世話になりました)

信じられないくらい通信費が節約できた上に、ストレスなく通信できているので何でもっと早く変えなかったんだろうと後悔しています。

結局いくら安くなったの?

キャリアを変える一番のメリットは通信費の節約です。

まずはいくら安くなったのかまとめたいと思います。

【変更前】ソフトバンクの料金

ソフトバンクで契約していたプランはウルトラギガモンスターというSNSやYouTube の通信量がカウントされない上に、

50GBが上限というまさにモンスターなプランです。

基本料980円

ウルトラギガモンスター6,500円

これに加えて、

通話定額オプション1,500円

テザリングオプション550円

をつけていたので利用料金はなんと、

月額9,530円

実際にはこの金額から家族割とインターネット回線の割引が適用されて

月額6,430円で利用していました。

たまたま周囲に家族割の対象者が4人いたのでたまたま最大限割引適用されていたのが救いでした。

【変更後】Yモバイルの料金

Yモバイルは15GBの通信量のシンプルMプランを選びました。

料金は月額3,278円(税込)!

しかもテザリングオプションは無料でついてきます。

通話定額サービスもありますが、現在設定していません。

ひと月の通話料金が600円程度なので通話定額サービスに加入するよりも安く済んでいるためです。

こちらもインターネット回線の割引が適用されており、

月額2,090円(税込)で利用できています。

実際には通話もするので支払いは2,500円前後となる月が多いです。

ソフトバンクを利用していたころと比べて差額がなんと3,930円!圧倒的に安くなりました。

通信速度は遅くないか?

大手キャリアのサブブランドや格安SIMを利用する際に一番気になるのが通信速度とサービスの提供エリアです。

楽天モバイルは非常に低コストで利用できる反面、基地局の整備が追いついておらず快適に利用できるエリアが少ないなど、

メリットとデメリットがあるというイメージを持っている方が多いと思います。

私も同じで安いってことはその分通信速度が遅いじゃないの?と偏見を持っていました。

平日深夜と日曜日の夕方17:00ごろに愛知県にある自宅で行った通信速度のテスト結果です。

一般的には10Mbpsあれば画像付きのWebサイトを快適に閲覧できると言われているので、速度としては十分です。

ただ夜など一般的にネットワーク回線が混み合うとされいてる時間は6Mbps程度まで低下することもあります。

これはサブブランドや格安SIM限った話ではなく、docomoやauをはじめとした大手キャリアでも同じで、

利用者が多い時間帯に速度が低下することは仕方のないことなのです。

とはいえ6Mbpsあればスマホ版のWebサイト閲覧はストレスフリーですし、

混み合う時間は自宅のWi-Fiに接続して通信を行うことが多いため、そこまで気になりません。

おすすめプラン

おすすめのプランはズバリ「シンプルM」です。

通信量15GBで月額3,278円(税込)と格安SIMより少し高いくらいの価格で提供されており、通信も安定しているため攻守最強。

正直同じくソフトバンクが提供しているLINEMOと全然戦えてると思います!

しかも自宅インターネットをソフトバンク光にすれば割引が適用され月額2,090円(税込)に!

家族に利用者がいれば2回線目からですが月額2,090円(税込)になり、大幅節約になります。

毎月プラン変更可能

Yモバイルは翌月のプランをいつでも自由に変更できるため、自身の使い方やライフスタイルの変化に合わせてかえてしまえばOK。

思ったよりも使わない人や、家にいることが多くなる月などは更に通信量が少なく安い「シンプルS」に変更してさらに節約するのも手です。

※ただシンプルSのように通信量が少ないプランは格安SIMの方が安いので、

基本的にシンプルMだけどときどきシンプルSにするという使い方が良いと思います。

Yモバイルのいいところまとめ

通信速度は十分速いのに料金は格安SIMに匹敵

ネットでも店頭でもカンタンに申込可能

料金プランを毎月変更できる

いいことばかり書いてますがほんとにデメリットがこれといって見当たりません。

これまで何かと敬遠していた方も乗り換えオススメです。

-未分類