ライフスタイル

同棲カップル・事実婚におすすめのクレジットカード2選

多くのクレジットカード会社は婚姻関係にある二人とその子供でないと家族カードを発行できません。

同棲、事実婚のカップルの方々でも家族カードが発行できるクレジットカードがあるのをご存知でしょうか?

今回は実際に私も同棲相手用に家族カードを発行した経験のあるクレジットカード会社とその方法を紹介します。

クレジットカードの貸借りは禁止!

なぜ家族カードが必要なのか?

ほとんどの方はご存知だと思いますが、クレジットカードは名義人以外の人が使用することはできません。

ちょっとお使いを頼みたいからカードを家族に渡す、なんてのは規約違反なのです。

もちろんネットショッピングで使用することもNGなので注意しましょう。

その1 楽天カード

同棲カップルや事実婚のパートナーでも発行可能なクレジットカードで一番おすすめなのが楽天カードです。

家族カード発行画面を見てみると、

「お申し込みは原則として生計を同一にする配偶者・両親・子供・同性パートナーを含む事実婚の方に限ります。」

とありますが、実際にはこの条件より少し緩いです。

実際、私は同棲をしている異性のパートナーのために家族カードを発行することができました。

あくまで”原則として”とあるので、厳密なルールが決められているわけではないようです。

申込の際の続柄は配偶者を選択すれば大丈夫です。

ポイント

楽天カードはブランドの違うカードを2枚まで発行できるので、自分の買い物はVISAで二人の買い物はMaster Cardで、といったように使い分けることが可能です。

ただしポイント付与先を分けることはできないので、注意しましょう。

その2 アメリカンエキスプレス

アメックスも同棲、事実婚パートナーへの家族カードの発行が可能です。

付帯サービスに定評があり私のメインカードのひとつです。

旅行やエンタメでは大活躍のカードで、二人で旅行に行く機会が多い方はぜひご検討ください。

このカードのネックといえばやはり年会費でしょうか。

年会費3万円以上のゴールドカードや提携カードは家族カードの発行が無料だったりしますが、

もっともスタンダードなカードであるグリーンやコスパ最強の提携カードであるSPGアックスは、

家族カードにも年会費がかかるためあまりおすすめできません。

もしもすでにゴールドカード以上のアメックスをお持ちの場合は家族カードの追加発行を検討してあげてください。

まとめ

年々改悪されるとはいえやはり楽天カードはクレジットカード会の王者ですね。

サービスや還元率もさることながら、家族カードの発行にも非常に寛大で手続きもカンタン。

ブランドによる使い分けも可能なっていてまさに隙がありません。

すでにお持ちの方は「カードの追加」から、まだお持ちでない方はすぐに新規発行手続きを!

-ライフスタイル